*

家を丈夫に長持ちさせるたった一つの方法はしっかりと屋根や外壁をお手入れすること

   

新築で買った家でも10年も経っても新築と見間違えるようにきれいな家と老朽化が激しい家があります。

この差は家を建てた工事業者の技術の差ではなく、往々にして、10年に渡って住んできた住人のお手入れの差によるところが多いです。

家というものは定期的にお手入れをするとしないでは明らかに差が出て、それをおろそかにしていると確実に家は傷んでいってしまいます。

しかしながら、家のお手入れは家の中の壁紙や床などの内部のお手入れではなく、外部のお手入れが重要です。

家を外側から破壊して、寿命を短くしてしまう最大の原因は雨水によるものが一番多いでしょう。

雨水によって、家は外側から傷めつけられ、寿命が短くなってきてしまうのです。

雨水は屋根や外壁のとても小さな隙間から侵入して家を腐らせてしまいます。

素人が気付く様なころにはすでに被害がかなり拡大していると思っていいでしょう。

その為、大掛かりな補修が必要になることもよく見受けられます。

ですから普段から屋根と外壁には常に注意して雨水を家の中に入れないように心掛けることが大切です。

これさえしっかりとしていれば家を元気に長持ちさせることができると言っても過言ではありません。

また、屋根や外壁は修繕・補修が遅くなればなるほど補修の費用が掛かってしまいます。

その為にも、更には建物の資産価値を守るためにも定期的な外壁や屋根の診断と早期の補修が大切となっています。

日頃からしっかりとチェックしていれば補修が必要な個所もわかると思いますが、屋根や外壁や雨樋などはあまり注意してチェックをしている人も多くはないと思います。

その為、普段目につかないような場所は点検が行き届かなくて、損傷していてもなかなか気付かないことが多いようです。

更には自分でチェックしようにも一般の方では簡単にチェックできないような場所こそ損傷していることが多いのです。

したがって、一見すると何事もないように見える家でも、家の内部では予想していないような破損が起きていることも多いのでできれば最低でも5年に一回くらいは信頼できる専門家やリフォーム工事業者に屋根と外壁の総点検をしてもらうことが予防の意味でも最良な方法と言えます。

お金が結構掛かるのでは?と思っている人も多いと思いますが、中には家の健康診断・補修巡回サービスを無料でやってくれるサービスもありますので是非利用してみて下さい。

これまでNHKや民放のテレビ番組や新聞などで紹介されてきた優良工事店ネットワークのお住まいの健康診断巡回サービスは無料で定期的に実施されています。

点検を無料でやってくれるサービスはそれなりにあるのですが、凄いのはその場で直るような補修ならば無料で補修してくれるところです。

自分の家の屋根や外壁がちょっと心配という人はこの機会に是非無料診断を受けてみるといいでしょう。

無料でリフォームで失敗しない為の教本ももらえます!

優良工事店ネットワークの無料教本の取り寄せはこちら

 - 外壁塗装